子供の頃を思い出してみてください。
意味不明な言葉や行動で遊んだことはありませんか?

例えば、でたらめな言葉で歌をうたったり、股の間から逆さに空を見上げてみたり、ジュースのキャップを集めて名前をつけてみたり、壁の上を指でトコトコ歩いて旅をしたり、、、

さて、大人になってから、そんなこと、やっていますか?
やりませんよね(笑)

実はみんな誰でも子供の頃は「意味がない」ことをやっていました。
それらを通して子供は新しい発見をして、想像力を膨らませ、感性を磨いていくのです。

大人になると、常識や言語の枠に縛られて、自由な感情表現や遊び心が減った結果、どんどん感性が鈍くなっていきます。

AIの恩恵により、ビジネスの現場でも、人間にしかできないアート思考が求められる時代になりました。しかし、錆び付いてしまった感性でいくら芸術を鑑賞しても、新しい発想は生まれてきません。
また、いつも他人目線や常識を気にかけて生きてきたせいか、自分起点のゼロから一を生み出すアイデアが湧いてこなかったりします。

でも、大丈夫です!
ご自身の感性を、あの頃、小さな子供の頃に戻す訓練をすればよいのです。

”ゼロ言語トーク”とはジブリッシュ(Gibberish)と呼ばれる”意味のない言葉で話す”こと。

母国語を第一、外国語を第二言語とよびますが、ジブリッシュはゼロ言語。ゼロ言語を話していると、母国語を覚える前の、言葉の概念に縛られない感性を表現できるようになります。

演劇の表現力を身につけるトレーニングとして使われるのが有名ですが、最近ではトラウマ治療、ビジネスパーソンの能力開発、認知症患者の方の介護など、幅広い観点からの注目が集まっています。

このクラスでは初めての方もやりやすい、一つ一つのステップを大事にした構成で、ゼロ言語で感情表現やコミュニケーションを行います。

非言語コミュニケーションは身体の動きも大事ですので、発声だけでなく、身体全体を使います。深呼吸でたくさんの酸素も体内にとりこみますので、ゼロ言語のスキルアップだけでなく、身体や頭の爽快感も得られます。

こんなことが出来るようになります

意味のない言葉を使ってコミュニケーションするうちに、言語や常識による思考のリミットが外れて、みずみずしい感性が花開いていきます。

また、言語を介さないため、伝えたい「感情」が優先され、コミュニケーション能力が高まります。

● 脳を休める:ジブリッシュ中は理性脳(左脳、言語脳)が停止
● 感情を解放:カタルシス(心の浄化)作用でストレス解消
● コミュニケーション力アップ:言葉を超えて感情で伝える技術
● 思い込みを外す:言語/思考のリミッターを外し自由な発想

こんな風に教えます

オンラインZOOMにて、少人数制のグループで丁寧に教えます。
講師の見本や指示にしたがって、画面に向かってのコミュニケーショやや、感情表現のパートでは一人で行うワーク、慣れてきたらジブリッシュでの対話、一つの対象について皆で解説しあったりすることもあります。

参加費

1,100円(税込) / 早割 1,000円(税込)

毎週水曜の朝活受け放題コースも月額1,980円でご用意しております!

↓ ↓ ↓

LINEから上のQRコードを読み込み「追加」ボタンを押す、または下の「友だち追加」ボタンをクリックで追加して下さい。